永久脱毛コラム

永久脱毛での副作用や肌トラブルとは?

永久脱毛での悪い作用はほとんどない

永久脱毛を行った後は火傷が生じる可能性があるなどの何かしらのデメリットが肌に起こる可能性があります。しかしそれは一時的なものであってレーザー治療には基本的には悪い作用はありません。レーザーと行くと赤外線のような肌トラブルや皮膚ガンといった病気になることを心配する方がいますがそのような副作用が起こることがないようなレーザー治療を行っています。それは日本医学脱毛協会の基準を満たした治療を行っているからです。

永久脱毛の副作用で考えられること

永久脱毛の施術では、幾つかの副作用が考えられます。代表的なものとしては直接的な皮膚へのダメージによる火傷が考えられますが、これについては近年は症例が少なくなっています。機器の性能や制御性が上がった事や、クリニックの数が増えて競争が働いた事による技術発展がその理由です。とは言え、肌へのダメージがゼロになった訳では無いので、施術箇所の炎症や赤みは見られる事があります。
その他では、毛膿炎も起き易い副作用の1つです。白いニキビ状のものが施術箇所に出来る現象で、毛が無くなった事に対する皮膚の適応が済んでいないところに、元来持つ体質面が絡む事で起きるとされます。
何れにしても時間経過で症状の消失が見られる事が殆どで、影響は一時的なものに留まります。治療を要するレベルであっても、消炎剤の処方でほぼ軽快します。

永久脱毛で汗が増えるのは本当?

永久脱毛の口コミなどを参照すると、様々な情報を得ることができます。その中でも時々目にする、ワキ汗やワキガに関しては勘違いなので、心配することはなく、そのような副作用はありません。脱毛で毛がなくなると、汗は直に服に付着します。そのため、乾く間もなく全部が服まで届きますので、たくさん汗をかいたかのような錯覚があります。脱毛をした後は、汗を拭くように習慣づけると、汗の臭いや不快感を抑えることもできます。

永久脱毛で肌トラブルがあることも

永久脱毛では、医療レーザーを使って毛根のメラニン色素に熱を加えます。熱は周囲の毛を生育する組織を破壊し、毛を育たなくしたり、再生を遅らせることが可能になります。医療レーザーの熱は、敏感肌やアトピー肌など皮膚が敏感状態だと、元々の乾燥を加速させたり、火傷や炎症による赤みなどを引き起こす可能性があります。乾燥はさらなる肌トラブルの原因となりますので、施術前と施術後に保湿ケアを行うクリニックも多く見られます。軽い炎症の場合、症状一時的なものなので、患部を冷やして様子を見ましょう。クリニックは医療従事者がいますので、万が一の時も適切な治療を行えるので、過剰に心配する必要はありません。敏感肌やアトピー肌の人は、肌トラブルを避けるために、施術前のカウンセリングでしっかりと相談しておくことが重要です。